Aaki Hikaru

読書・自然 / 写真・語学・ドラマについて

【本】川上 弘美「センセイの鞄 」温かくて切ない 歳の差恋愛

川上弘美さんの「センセイの鞄」(谷崎潤一郎賞受賞)作を読んだ感想を書きました。

この作品大好きなんです!!

ネタバレになる可能性がありますのでご注意ください。

作品

タイトル : センセイの鞄

著  者 : 川上 弘美

発  行 : 新潮文庫

f:id:hanaHikaru:20221004190546j:image

あらすじ

ツキコが高校時代の国語教師”センセイ”と居酒屋で再会する。年齢の離れた2人が、想い合い、彩のある時を共に過ごす話。

感想

2人の再会から始まり、センセイとの静かな日々が丁寧にゆっくりと描かれていています。居酒屋で2人が並んで、食と酒を楽しんでいる情景が浮かびます。

けれど読んでいる最中、なぜか・・少しの不安が、ずっと付き纏っていました。

ツキコとは共通点が多く、自分を重ねて読んでいるからなのか、それともセンセイが見せる”普通のイケてる男”感が原因なのだろうか・・・

70代のセンセイと30代後半のツキコは、時に歳の差を感じさせませんでした。

センセイには、ツキコをからかったり、喧嘩して頑固になったりと、お茶目な一面があります。

私も歳の離れた男性とお付き合いした経験あるのですが、当時は「自分よりも人生経験があるくせに、大人げないな〜折れてよ」なんて思っていました。

今になってわかる事ですが、自分も相手に対する”好きを伝える表現”愛する人への自分の表現方法”は、歳を重ねた今も変わっていないと、恥ずかしながら感じています。

相手を理解する能力に関しては、多少時間をかけて経験を積む必要があるかもしれません。

個人的な意見ではありますが、相手を想う気持ちや表現に、年齢は関係ないと思いました。

この不安の正体は、大切な人がいつ離れていくかわからないことを、この作品を通して、改めて感じたからなのかもしれません。今のこの瞬間も大切な人との時間を大事にしようと思いました。

 

 

センセイという魔法の言葉

過去に私が言ってきた「先生」に続く言葉は決まって「わかりません」でした!笑

先生方は、私のどんなくだらない「わかりません」に対してもちゃんと答えをくれてました・・なんだか「先生」って言葉、安心感に包まれます。

「センセイ、と呟いた。センセイ、帰り道がわかりません。」P 98

ツキコのこの一言が本当に本当に本当に胸に刺さりました。

「センセイ」と呼んだ意には、指導者的立場 教師としての意味も含んでいたんじゃないかと思います。

私は今何してるんだろう〜私のこれまでの選択は正しかったのだろうか・・・

先生〜教えてください (/ _ ; )

 

袖すり合うも多生の縁

ラストはこの言葉が頭によぎりました。

センセイがツキコに言う言葉なんですが、私この言葉大好きなんですよね。

私は「袖振り合うも多生の縁」しか知らなかったのですが、調べてみると言い方が何通りかあるそうです。

来世も、センセイとツキコの縁が結ばれますように。